​❖ 目標の成果達成に必要な取り組みを2つに絞り、必要な理由と方法と効果をまとめたものです。