​ 情報を判断する仕組みがあれば、多くの業務を情報処理化することができ、その可能性は大変に大きなものになります。

​ モノづくりに関わる情報を判断するには、根拠となる商品に関わる情報が必要であり、処理内容別に必要な判断要素の情報、要素の優先順、及び要素間の優先順などの設定が必要になります。

これらの設定がノウハウとなり、業務処理を成長させることも可能になります。

​ 判断処理の実行に必要な「データベース、

テーブル、処理仕様‥等の検討~定義」を支援

します。

情報判断の仕組み

アクセス

〒252-0226 神奈川県相模原市中央区陽光台3-4-21

© 2017 PLM Revolution Inc.

電話番号:042-707-8217

​株式会社 PLMレボリューション