製造業には、商品開発の決められた手順(プロセス)に沿って

定型化されている業務以外に、数多くの「非定型業務」が存在

していますが「非定型である」ことがシステムの設計を困難に

しています。

 商品のサイズ/重量/コスト/信頼性‥等の顧客要求を叶えるための設計/解析/実装‥等の技術に関わる業務」も非定型の業務で

あり、商品力の向上に深く関わる業務=経営の利益に繋がる重要な業務でありながら、未だ「人に依存している」状況です。

 これらの技術を異なる商品、異なる生産拠点、異なる仕向けに

対応させ、完成度の高い商品を開発するには、開発に関わる

ツールやアプリケーションの設定、ライブラリーの選定、および生産設備制約や関連部門ノウハウ‥等に関わる情報を管理し、

「適切に運営する」ことが求められますが「関係する複数の要件を同時に考慮して情報を判断」する仕組みがIT業界に普及して

おらず、いつまで経っても技術や運用管理に関わる業務が人依存のままになっています。

​ 「情報判断処理」の仕組みは、自ら考え/判断する「知能」を

持ったシステムでは無く、特定の業務についてのみ判断機能を

実現するもので、判断要素となる情報と判断基準をデータ化して利用すべき情報を「判断」して業務処理を行う仕組みです。

いくつかの特定業務で構成される業務についても、判断処理を

導入することにより、業務IT化の可能性が広がります。

  ※業務のIT化は、効率/精度/信頼性/安定性‥等の向上が一般的に認められていますので、

   IT化対象業務の拡大=業務のQCD改革の可能性を持っていると考えられます。

 判断処理の導入には、判断基準となる商品の仕様/開発&生産の

計画/基板仕様/生産拠点の設備情報‥等の情報管理が必要で、

これらの管理情報は、商品開発業務に関わる多くの既存システム

での活用も期待できます。

 さらに、各社独自の技術や運用ノウハウ‥等をデータベース化

することにより、プログラムの変更なしに技術/機能/設備/運用‥の進歩に対し、リアルタイムにIT処理の変更&切り替えが可能になりますので、新たな開発技術/生産設備基準/運用/ライブラリー

‥等の導入をタイムリーに切り替え、利用することによる他社

との「差別化」にも貢献できます。

 

  ※この差別化は、IT導入による先行メリットを得るだけのものではなく、

​   継続的な成長=「継続的な差別化」に貢献します。

 IT化対象業務の拡大

アクセス

〒252-0226 神奈川県相模原市中央区陽光台3-4-21

© 2017 PLM Revolution Inc.

電話番号:042-707-8217

​株式会社 PLMレボリューション